10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

ダメージジーンズのキャッチコピーその1

2013/11/29
コピーライターの学校
hiragana_15_ko.png小杉なんぎん(コピーとマンガ)
hiragana_68_yo.png長塚よしひろ(コピーと本文)
「ながこす」コピーライティングスクール


line106.png

【ダメージジーンズをこよなく愛す篇】

line106.png



「田舎に帰った翌朝、枕元を見ると私のダメージジーンズがきれいに縫い合わされていました。
きっとおばあちゃんです。」

この逸話が大好きで、何度読んでも何だか心がほっこりしてきます。

さて、今日も今日とて小杉なんぎんと長塚よしひろ、↑を上回る心温まるダメージジーンズのキャッチコピーが出来上がったでしょうか?


hiragana_15_ko.png 傷だらけの天真爛漫
まさに小杉なんぎんそのもの!朝っぱらから携帯をマイク代わりに歌い出す人は君しかいない!


hiragana_68_yo.png ジョン・レノンは天国でどんなジーンズを穿いているんだろう?
ぜんぜん、ダメージジーンズのコピーじゃないけれど、うーん?どうだろうと真剣に悩んでしまう疑問ではあります。


hiragana_15_ko.png 心の傷は見せたくない

銭湯の隅でひっそりと身体を洗う一人の男。
「ああ、これがシャバの湯か……。親分はとっくに亡くなっちまったし、組も解散。オレは明日からどうすりゃいいんだ?」
さめざめと涙は湯に流れていく。
「そうだ!もうヤクザは辞めよう。そして、まず、今の社会になじむことだ!!」
立ち上がる男
伏せ目がちな風呂の客

そして、翌日
「おい、このそこの店員、オレの背中に似合うようなジーパン、見繕ってくれや!ほらよっ がばっ」
男の背中には龍のモンモン。
そしてそこに刻まれた幾多のドスの跡
驚くは龍の片目上から、ざっくりと斜めに流れた深い傷跡
そう、彼こそは刺されても刺されても息絶えることのなかった伝説の「独眼龍の銀二」

「こっ、これなんか、どうでしょう?」
「おめー、オレの背中はこんなにチンケか?」
「じゃ、あの、その、これぐらいボロボロだったらどうで、しょうか?」
「ばかやろー、これじゃ、オレの心の傷まで見えちまうじゃねえか!もっと、オレの心と背中に似合うジーパン出しやがれーーーー」
遂に逃げまどう店員、遠くからぴーぽーぱーぽー
※これが万が一、ダメージジーンズのテレビコマーシャルになったらどうしましょう……。



hiragana_68_yo.png 還暦祝い用「レッド」売れてます!
まあ、今どきの60歳だったら、ありだよなあ


hiragana_15_ko.png 誰もダメージを受けない
ダメージを受けているのは本人だけか?


hiragana_68_yo.png その工場には、作る人がいて、やぶく人がいる
やぶいたところをまた縫い直す人もいれば、ペンキをぶちかます人もいれば……


hiragana_15_ko.png 僕のジーンズを見て、彼女はカッコ良く笑った
もちろん彼女はリーバイス501だろうな


hiragana_15_ko.png 今でも君は若かった
何だかグループサウンズの歌詞のようなキャッチでありました。


hiragana_68_yo.png かっこ悪いってなんてかっこいいんだろう
「からっぽの世界」の早川義男さんの名キャッチをちょいとお借りしました。 
でも、知ってる人って、いるんだろうか……



hiragana_15_ko.png ボロは着てても心は錦市場で極上のマグロを買っている
そのボロの上に刺身を乗せて食べる変態もいるだろうね!

さて、次回はダメージジーンズをもう少し愛してやってほしい篇
お楽しみに!!

スポンサーサイト
14:45 ■ダメージジーンズのキャッチコピー1 | コメント(1) | トラックバック(0)

ゆで玉子のコピーにいただいたコメントやコピー

2013/11/29
ゆで玉子のコピーにいただいたコメントやコピー

「アマチュアさん」
なんぎんさんの、ツルリとむけて今日も大安、が、いいなあ、と思いました。

「にじますさん」
あいかわらずこぴーのことはよくわかりませんが、私もアマチュアさんと同じように、小杉さんの、ツルリとむけてきょうも大安が好きです。なんだかほっこりします。

「ヒロ吉田さん」
なかなかコピーは思いつかないので(笑)
こんど、おまけみたいなの書き込みますわ

「にじますさん」
私はダメージジーンズをはいたことがありませんが、見ていて面白いと思います。                       次回を楽しみにしています。


14:20 今日のお題 | コメント(1) | トラックバック(0)

【ゆで玉子のコピー】(おまけ)<コピーライターの学校>コピーライティングスクール「ながこす」

2013/11/29
コピーライターの学校
hiragana_15_ko.png小杉なんぎん(コピーとマンガ)
hiragana_68_yo.png長塚よしひろ(コピーと本文)
「ながこす」コピーライティングスクール


line11.gif

【おまけ】

line11.gif



長塚よしひろのおまけ

自分だけ好評連載中であった「純愛シリーズ」は、あまりにも不評のため取りやめとなりました。
したがって、次のネタを思いつくまで、長塚よしひろのおまけは当分ありません。




20131121-1.jpg
20131121-2.jpg


次回はダメージジーンズのコピー
また来てね!

10:18 ■ゆで玉子のキャッチコピー3 | コメント(2) | トラックバック(0)

【ゆで玉子のキャッチコピー】(小杉なんぎん篇)

2013/11/21
コピーライターの学校
hiragana_15_ko.png小杉なんぎん(コピーとマンガ)
hiragana_68_yo.png長塚よしひろ(コピーと本文)
「ながこす」コピーライティングスクール


line11.gif

【ゆで玉子のコピー】(小杉なんぎん篇)

line11.gif



hiragana_15_ko.png小杉なんぎんとhiragana_68_yo.png長塚よしひろ、二人はほぼ同じ歳
そして、共に大酒飲みでスケベなおっさん

しかし、芸風(?)はまったく違います。
ゆで玉子のコピーひとつとっても「陰と陽」「凸と凹」「トムとジェリー」「亀と頭」ほどの差が!

今回の「ゆで玉子のコピー」は
第一部が小杉なんぎん
第二部を長塚よしひろに分けてお届けいたします。

二人の思考回路の違いをトクとご覧下さい。



まずは直感勝負一筋の小杉なんぎん特集


hiragana_15_ko.png ツルリとむけて今日も大安
(じょうずにむけたゆで玉子をうれしそうにニヤニヤ見ている小杉くんの顔が浮かびます。)


hiragana_15_ko.png 玉子焼は、ポケットに入れにくい
(その点、ゆで玉子はカイロがわりにもなるもんね!)


hiragana_15_ko.png 非破壊検査株式会社にお願いして、玉子の中身が双子なのかを確認して、あらためて双子のゆで玉子を食べてみたい
(非破壊検査株式会社はそんなお願いはイヤだと断ると思う。)


hiragana_15_ko.png ケータイ電話は食べられない
(いや、iphoneは、塩ふったら結構いけるよ!(いまだに携帯の小杉くんへ))


hiragana_15_ko.png 「ソイジョイ? カロリーメイト? ウイダーインゼリー? それって、何?」と、ゆで玉子を頬張りながらそう言う男を街で見かけた。
(何だかすぐ近くに通天閣がありそうな街だなあ)


hiragana_15_ko.png 冷凍みかんのライバルは僕しかいない
(蒸気機関車が目に浮かぶキャッチコピーでありました。)


hiragana_15_ko.png 天上天下唯我独尊ゆで玉子
(一心不乱空前絶後なま玉子)


hiragana_15_ko.png 高田延彦はゆで玉子の白身を毎日たくさん食べるらしい。たぶん、高田純次はゆで玉子の黄身を毎日たくさん食べているような、そんな気がする

(確かにそんな気はするが、ここは固有名詞禁止だったはずでは……)



続いては、↓長塚よしひろ特集でございます。

13:21 ■ゆで玉子のキャッチコピー1 | コメント(2) | トラックバック(0)

【ゆで玉子のキャッチコピー】(長塚よしひろ篇)

2013/11/21
コピーライターの学校
hiragana_15_ko.png小杉なんぎん(コピーとマンガ)
hiragana_68_yo.png長塚よしひろ(コピーと本文)
「ながこす」コピーライティングスクール


line11.gif

【ゆで玉子のコピー】(長塚よしひろ篇)

line11.gif


続いて第二段は長塚よしひろ
小杉なんぎんの直感に相反し、何と言っても長塚よしひろ、ライターになる前は公務員。
何となく「お堅い人だったんだな」と思いながら見ると、なるほどとうなずけることでしょう。




お堅いのかお柔らかいのわからない長塚よしひろ特集


hiragana_68_yo.png 茹でた孫 殻むくばあちゃん 塩ふるじいちゃん
(万が一のために言っておきます。「茹でた孫」は「ゆでたまご」であります。何の意味もない、いつものただの思いつきであります。)


hiragana_68_yo.png たった10分のゆで時間が長いと思ったり短いと思ったりするだろ。それが相対性理論なんだよ。
(しかし、キッチンタイマーはそんなことはないと言い張りました。)


hiragana_68_yo.png お鍋の底からこんにちは
(あら可愛いコピーですこと)


hiragana_68_yo.png おでこで割ったら生たまご
(命をかけた玉子ロシアンルーレット)


hiragana_68_yo.png 「私の夫は一生、塩ですの!」
しかし、実は平穏な生活にフラストレーションを感じ続けていたゆでたまご子。
(36歳・団地妻・子供なし)
友人に誘われて初めてのホストクラブ
さんざんハメをはずしたあげく、ふと目覚めるとホストナンバーワン、マヨネーズの濃厚な愛撫に包まれ身悶えている。
ああ、団地妻ゆでたまご子
どうなる! どうするゆでたまご子!!



hiragana_68_yo.png いやんあなた、なまはやめて
(解説したくありません)


hiragana_68_yo.png 今からこの生玉子に私の人生の10分間を捧げます。
(ゆで玉子の大切さがヒシヒシと伝わってまいりました。)


hiragana_68_yo.png いいお湯につかって見も心もさっぱりしました。もう、思い残す事はありません。さあ、お食べ下さい。

うっすらとした湯けむりのむこうで揺れるゆでたまご子の肢体は妖艶そのもの
「ううむ、もう我慢がたまらぬ」
「あーれー お代官さまあー」



へえ、おそまつでした。
これにこりずにまた来てね!

そうそう、恒例の「おまけ」は、のちほどね。

13:19 ■ゆで玉子のキャッチコピー2 | コメント(0) | トラックバック(0)

ビニール傘のコピーにいただいたコメントやコピー

2013/11/20
<アマチュアさん>
アメニハマケズ、カゼニハマケル、まさにその通りだと思いました。ビニール傘って、すぐに、椎茸みたいになりますものねえ。

<現役コピーライターさん>
4コマは味があって私は好きですが、
「コピーライターの学校」って、
そのまんま銘打つ感覚が、理解できませんわ。

シャレでやる分には成立しているだけに
もったいない、と個人的に思います。

シャレでやっているなら、初見で
そうと分かる工夫をするべきとちゃいますか?
タイトルやらページの構成やら。

本気で「コピーの学校」を
掲げてるんやとしたら、
とんだ恥知らず、ボンクラもええとこですよ。

なんか反論あるんやったら言うてみ?
おふたりさんよ

<現役コピーライターさん>
ついでにもう一言、言いい捨てさせてもらうわ。

お前らのこのWEBサイトは、
エクスキューズにまみれとる。

こんな事やるなら、今は廃れたmixiでやれ。
流行りのフェイスブックでやれ。
携帯電話でちまちまと呟け。

少なくとも仕事や趣味やらで公に発する表現に
関わった人間が、
こんな恥ずかしいものを世に発信するなよ。

世の中の阿呆、勘違い、メクラどもが
手軽に発信者になれる時代だぜ?

心得のある人間が、
こんなページ発信しててどうするんだって話よ。

やるんなら、「ちゃんとやれ」。

こんな事言われるんが嫌なら
もっと閉じた場でやってろや。

「ちゃんとやれ」の意味が分からないなら、
貴様らは今も昔も、3流どころか、
使い捨ての5流ゴミ野郎共ってこった。
14:15 今日のお題 | コメント(0) | トラックバック(0)

【ビニール傘のキャッチコピー】(おまけ)<コピーライターの学校>コピーライティングスクール「ながこす」

2013/11/18
おまけ

コピーライターの学校
hiragana_15_ko.png小杉なんぎん(コピーとマンガ)
hiragana_68_yo.png長塚よしひろ(コピーと本文)
「ながこす」コピーライティングスクール

005.gif

【ビニール傘のコピー(おまけ)】

005.gif>



hiragana_68_yo.png長塚よしひろの「純愛小説その2」

【しとどに濡れた愛】
(いぬ夫とかさ子の愛の劇場)

いぬ夫「ただいまー」

かさ子「あら、いぬ夫さんったらびしょ濡れじゃない」

いぬ夫「うん、駅におりた途端、急に雨が降り出してね」

かさ子「早く乾かさないと風邪ひいちゃいますよ」

いぬ夫「わかった」
ぶるぶる

かさ子「いやだあ、いぬ夫さんったら私にかかっちゃったじゃないの」
くるくる

いぬ夫「うわー冷たい」
ぶるぶる

かさ子「いぬ夫さんてば、もっと濡らしてあげるわよ」
くるくる

いぬ夫「かさ子ちゃん」
ぶるぶる

かさ子「いぬ夫さんーー」
くるくる

結婚生活十余年。
いまだ子宝には恵まれぬが、周囲もうらやむ仲むつまじい、いぬ夫とかさ子であった。
(この話、続く)





hiragana_15_ko.png続いては、小杉なんぎんのオマケをお楽しみください。


20131114-2.jpg

20131114-3-1.jpg




もういいと言われても
hiragana_68_yo.png長塚よしひろの「純愛小説その3」

【かさ子の初夜は開き続ける】
(いぬ夫とかさ子の愛の劇場)

いぬ夫「こっ このへんかい?」

かさ子「ううん、もうちょっと下」

いぬ夫「ここかい?」

かさ子「あっ そこそこ」

いぬ夫「ぎゅっ」

かさ子「がばっ」

かさ子全開!!!

それは十余年前の初夜の夜
いぬ夫は感動のあまり泣いていた。
真面目ないぬ夫とて、所詮、男
商売女の一人や二人の経験はある。
しかし、そんな女たちにはなかった、かさ子の敏感なボタン

いぬ夫「もういっかい押すよ、かさ子」

かさ子「あんまり強く押さないでね、きゃっ がばっ

いぬ夫「もう一回、ぎゅっ」

かさ子「がばっ あんあん、わたしこわれちゃう。」

「ぎゅっ」
「がばっ」
「ぎゅっ」
「がばっ」

かくして、いぬ夫とかさ子の初夜はとどまることなく開き続けるのであった。


005.gif

ああ、何が何だかわからない「ビニール傘」のコピー

次回は「ゆでたまご」のコピーです。
コメント、投稿、お待ちしております。

005.gif
09:27 ■ビニール傘のキャッチコピーその3 | コメント(2) | トラックバック(0)

【ビニール傘のキャッチコピー】(ビニール傘に人権はないか篇)<コピーライターの学校>コピーライティングスクール「ながこす」

2013/11/16
<ビニール傘に人権はないか>
ビニール傘はいじられやすい。
なぜいじられやすいか?
安いからか?ボロいからか?色気がないからか?ほかに使い道がないからか?

コピーライターの学校
hiragana_15_ko.png小杉なんぎん(コピーとマンガ)
hiragana_68_yo.png長塚よしひろ(コピーと本文)
「ながこす」コピーライティングスクール

005.gif

【ビニール傘に人権はないか?篇】

005.gif>



hiragana_68_yo.png アメニハマケズ カゼニハマケル
「晴閉雨開」みたいなものか?ありゃ、ちょっと違うか?


hiragana_68_yo.png 鳥の糞は忘れた頃に落ちてくる
それは、犬の糞をうまくまたいだ後にやってくる


hiragana_68_yo.png コンビニを出た途端、突風でバラバラになった315円
これは実話であります。買ってから約5秒で捨てました。とほほ


hiragana_15_ko.png 傘立てのビニール傘、自分の傘はどれでもいい
以前、コンビニの傘入れに同じ様な傘が何本かささっていて、まあ、どれでもいいかと一本引き抜いて帰りかけたら、「これこれそれは私の傘です」と、僕の骨の折れた傘を持って走ってきたおじさんがおりました。


hiragana_68_yo.png ええい、どれでもいいやと引っこ抜いたら「大吉」がでました。
やっぱり、みんなどれがどれかわからないのです。


hiragana_68_yo.png ふたりいっしょに傘が飛ばされラブホテル
私は何かにつけラブホへの最短距離を考えている。


これまた二人とも同じベクトル
hiragana_15_ko.png 置き忘れても、それもよし
hiragana_68_yo.png 忘れ放題
もし、傘メーカーが一斉にストライキをしてビニール傘が一気に高騰。
一本1万円ぐらいになったら、やっとありがたさに気づくんだろうな。



今回の最後はこれ!
小杉くん、おみごとです。

hiragana_15_ko.png 傘をさしているのに、
雨やどりをしているこの気分は何だ?


これはすごいと思いました。
けっしていじるのではなく、ビニール傘の本質をうまくとらえておりました。
これからは、小杉くんの事を「かさこすぎ地蔵」と呼ばせていただきます。



005.gif>

次回は「ビニール傘」の最終回
「おまけ篇」であります。

きっと、スケベなネタしかないと思われます。
待たれ! 次号

11:20 ■ビニール傘のキャッチコピーその2 | コメント(1) | トラックバック(0)

【ビニール傘のキャッチコピー】(限りなく透明篇)<コピーライターの学校>コピーライティングスクール「ながこす」

2013/11/14
今回のお題は「ビニール傘」でございます。
やはり、ビニール傘で一番初めに思いつくのは「透明」でしょうか?
まずは、透明をモチーフにしたコピーたちから……。

コピーライターの学校
hiragana_15_ko.png小杉なんぎん(コピーとマンガ)
hiragana_68_yo.png長塚よしひろ(コピーと本文)
「ながこす」コピーライティングスクール

005.gif

【限りなく透明なビニール傘篇】

005.gif>


hiragana_15_ko.png 視界良好
そのままだけど、そのまま書くのは意外に勇気がいるものです。


hiragana_15_ko.png 雨が降っているのに富士山が見えた
小杉くんの大阪からも富士山が見えるのですか?それともちびまる子ちゃんのセリフですか?


おっと、やはり来ました。スケベ路線
hiragana_15_ko.png 相合い傘は、やっぱり顔までしっかりと見られたい
hiragana_68_yo.png 柄物の相合傘は100%不倫
君は左の肩が濡れて、僕は右の肩が濡れて……


hiragana_68_yo.png スケ番傘サキ
何の意味もありませんが、ゴロがいいのでつい載せてしまいました。


hiragana_15_ko.png ああ、ビニール傘にワイパーがほしい
しかし、電源が問題だ!


hiragana_15_ko.png 裸でビニールレインコートを着ている美女を見かけてしまったら、どうすればいいんだろう
どうすればいいんだろうと訪ねられると、追いかけまわせばいいのではないでしょうか?
ぴーぽーぱーぽー



最後はこれでしめておきましょう。


hiragana_68_yo.png 「日本列島ビニール傘景色」

見上げると サクラの花びらがくっついている春

見上げると 小雨がじゅうと蒸発する夏

見上げると 天高い雲から雨ゆれてくる秋

見上げると 地面とおんなじ白い冬

005.gif

次回は「ビニール傘」第二弾でございます。
多分、明日かあさってにはUPいたします。
ではね!

14:04 ■ビニール傘のキャッチコピーの1 | コメント(0) | トラックバック(0)

「乾電池のコピー」にいただいたコピーやコメント

2013/11/14
「にしますさん」
かわいいかわいい発電所、が面白いと、私は思いました。


「おおにしさん」

大人のおもちゃといえば、数年前、東京から大阪へ引っ越す際に、できるだけ不要な荷物を捨てるべく、選別作業をしておりました。
出てきたのが、大人のおもちゃ数個。
私はてっきり捨てるもんやと思ったんですが、そのときにいた某女性、ニジっと笑い「これは、おいとこか」
女は怖い。南海トラフよりも百倍怖い。
※そのおもちゃの使用者なり

12:26 今日のお題 | コメント(0) | トラックバック(0)

【乾電池のキャッチコピー】(やっぱりスケベ篇)<コピーライターの学校>コピーライティングスクール「ながこす」

2013/11/13

line120.png

【乾電池のコピー】(やっぱりスケベ篇)

line120.png


コピーライターの学校
hiragana_15_ko.png小杉なんぎん(コピーとマンガ)
hiragana_68_yo.png長塚よしひろ(コピーと本文)
「ながこす」コピーライティングスクール

20131030-100.jpg

ワシはホンマに、あかんでんちー



line12.gif



それでは「すけべ篇」
乾電池の挿入開始!


hiragana_15_ko.png 単三の乾電池を鼻の穴に詰める僕はどうかな?
どうかな?と聞かれたら、単一の乾電池をお尻の穴に詰める下痢気味の小杉クンとしか言いようがない……


hiragana_68_yo.png ドイツでは「き○たま」の事を「放電」と言うらしい。
兵庫県高砂市にJR「宝殿」と言う駅があって、ここに降り立ったドイツ人は「ほーでーん」「ほーでーん」のアナウンスに真っ赤になって耳をふさぐそうです。


hiragana_15_ko.png 夜中に乾電池を買う彼女の目的は、やっぱり……
「やっぱり……」の続きをはっきりと書けっちゅうーの


hiragana_68_yo.png 入れさえしてくれたら、どんな動きでもしてみせます!

20131030-100.jpg

あえて解説は書きません。




まじめ篇↓も見てね!

09:23 ■乾電池のキャッチコピー2 | コメント(0) | トラックバック(1)

【乾電池のキャッチコピー(いたってマジメ篇)】<コピーライターの学校>コピーライティングスクール「ながこす」

2013/11/07
コピーライターの学校
hiragana_15_ko.png小杉なんぎん(コピーとマンガ)
hiragana_68_yo.png長塚よしひろ(コピーと本文)
「ながこす」コピーライティングスクール


line120.png

【乾電池のコピー】(いたってマジメ篇)

line120.png


hiragana_15_ko.png かわいいかわいい発電所
あの顔であの酒量で一日煙草三箱の小杉なんぎんが、こんなかわいいコピーを思いつくとは思えない。


hiragana_68_yo.png 災害からいやらしいことまで
おっと、地震だ。さっきいやらしいことに使った乾電池を懐中電灯に挿入だ!


hiragana_68_yo.png もし乾電池がなければエベレスト登頂には8,848メートルの延長コードが必要となります。
頂上に発電所を作ったほうが安上がりじゃないのか?


hiragana_15_ko.png 中身がなくなってもあなたの姿は変わらない
バスト100 ウエスト100 ヒップ100


hiragana_68_yo.png 僕も乾パンも災害袋の中で寿命を終えるのが本望です。
ちなみに乾電池の寿命は2~3年。乾パンの賞味期限は5年程度だそうです。


line120.png

hiragana_15_ko.png 「ぺろっ これはまだ73%残ってまんなあ」
hiragana_68_yo.png 「えっ なめただけで残量がわかるの?」
hiragana_15_ko.png 「ぴりっとする感触でわかりまんねん」
hiragana_68_yo.png 「僕も、ぺろっ うーん」
hiragana_15_ko.png 「舌の使い方が弱いでんな、こなして、ぺろっ」
hiragana_68_yo.png 「こうしてぺろっ」
hiragana_15_ko.png 「いやいやもっと舌を丸めて、ぺろっ」
hiragana_68_yo.png 「なるほど ぺろっ」

こうして一本の乾電池を13時間もなめあう仲の良い二人ではありました。

line120.png


おまけもよろしくね!

12:34 ■乾電池のキャッチコピー1 | コメント(2) | トラックバック(0)

【乾電池のキャッチコピー(おまけ)】<コピーライターの学校>コピーライティングスクール「ながこす」

2013/11/07
コピーライターの学校
hiragana_15_ko.png小杉なんぎん(コピーとマンガ)
hiragana_68_yo.png長塚よしひろ(コピーと本文)
「ながこす」コピーライティングスクール


line120.png

【乾電池のコピー】(おまけ)

line120.png



botan101.png


hiragana_68_yo.png まずは、長塚よしひろの「純愛小説」




「初めて流した曲がとても美しかったので感動しちゃいました」

さっき、僕の横にねそべった彼女が言う。

「うん、あの曲はミニーリパートンのLovin' Youって言うんだ」

「よく知ってるんですね」

「まあ、ここ長いから」

「ねえ、もっといっぱい、いい曲を流しましょうよ、二人で」

僕はそっと彼女の横顔を見る。

とても若くてきれいだ。


僕は、彼女と二人で世界中のラブソングを流し続けた。

「こんな曲を教えてくれるあなたが好き」

「僕もこんな曲を愛してくれる君が好きだ」

「ずっと二人で……」

「うん、ずっと一緒にいたいね」

しかし、もう、僕の命は残り少ない。




「あら、ずいぶん音が小さくなったわね。電池ぎれかしら。どうせなら、二つとも新しいのにしましょ」



僕ら二人はくず入れの中。

意識が薄れてきた僕に彼女が言う

「私と直列つなぎになって下さい。そうすれば私とあなたの命は半分ずつ」

「しかし……」

「ずっと一緒って、言ったじゃない」



僕らはくず入れの中で何度も何度も直列つなぎになった。

そして、大声で何度も何度もLovin' Youを歌った。

しだいに彼女の歌声が小さくなってきた。

僕も声が出なくなってきた。


僕たちはまた、並列になって横たわった。


「並列つなぎの愛」(完)


botan4.png



hiragana_15_ko.png続きましては、小杉なんぎんのふたコマまんが

20131107-1.jpg




20131107-2.jpg



これにこりずにまたきてね!

12:34 ■乾電池のキャッチコピー3 | コメント(0) | トラックバック(0)

【オムライスのキャッチコピー(それってただのネタじゃないか篇)】<コピーライターの学校>コピーライティングスクール「ながこす」

2013/11/07
第一部 「オムライスのコピー」
それってただのネタじゃないか篇


では問題!
あなたはどっちを選びますか?

A.オムライスセット(880円)
「オムライス」プラス「ラーメン」
B.ラーメンセット(880円)
「ラーメン」プラス「オムライス」

hiragana_68_yo.png 「ねえねえ、絶対Aだよね」
hiragana_15_ko.png 「いいや、Aはラーメンが小さい気がするで」
hiragana_68_yo.png 「Bはラーメンにチャーシューが3枚乗ってたりして」
hiragana_15_ko.png 「どっちも同じ値段や言うのが気になりまんなあ」
hiragana_68_yo.png 「AとB、一個ずつ頼んでみる?」
hiragana_15_ko.png 「いいや、ここは安全策をとって、オムライスだけにしときましょ!」

小杉クンの危機管理はオムライスが基本だったのか?



コピーライターの学校
hiragana_15_ko.png小杉なんぎん(コピーとマンガ)
hiragana_68_yo.png長塚よしひろ(コピーと本文)
「ながこす」コピーライティングスクール


line300.png

オムライスのコピー

第一部 それってただのネタじゃないか篇

line300.png

それでは「まったく社会に貢献しない」
そんな「オムライスのコピー(ネタだけ)」をたっぷりと召し上がれ!


hiragana_68_yo.png 課長、かじってはいけません。それは尾村の椅子です!
万が一のために解説しておきます。「尾村椅子」ただの思いつきです。


hiragana_68_yo.png「毛」「茶」「浮」
これも万が一のために解説しておきます。
「ちぢれた毛がお茶に浮いている」ではありません。「ケチャップ」です。



hiragana_15_ko.png 家でたべているのに、その時、百貨店の大食堂が見えた
そのケチャップはトビウオの卵ではないだろうな!


hiragana_68_yo.png オムライスはドリフターズぐらい、ごちそうさまでした。
「オムライスとドリフターズ、どっちかにしなさい」と言われたらこれは厳しい選択だ。そうだ、オムライスをビデオに撮っておくか!いやいや逆だ。待てよ!当時はビデオはまだなかったっけ……。自分で作ったコピーに変に動揺している今日、このごろではあります。


hiragana_68_yo.png テーブルに置かれた瞬間、すかさず大きさを比べる兄弟
そしてスプーンとスプーンのクロスカウンター


hiragana_15_ko.png これだけは言っておく。形が似ているからといって、オムライスはラグビーボールじゃない。だから、投げるなよ!

これを読んだ途端、なぜか投げられたオムライスを追うダチョウの姿が僕の頭に浮かび上がった。


hiragana_68_yo.png まずは弁当のふたに付いているケチャップをなめただろ
そのあと、魚の形をしたしょうゆ入れもなめただろ


hiragana_15_ko.png オムライスの好きな人に、オムライスを嫌いな人はいない
では、チキンラーメンが嫌いな日清食品の社員はいったい何人いるんだ?こら、答えろ小杉!!


hiragana_68_yo.png ねこのえさ
太るからイヤだ、とネコ


hiragana_68_yo.png 「お前が勉強しないなら、これからは父さんが作ってやる」
のちにこの子供はとても勉強の出来るとても性格の歪んだ子供になりましたとさ


hiragana_15_ko.png 黄色と赤色、あと緑色さえあれば、あれば、みどりが、みどりがほしい。五月みどりでも、小松みどりでもいいから~~~
そうか、オムライスは渡っちゃいけない食べ物だったんだ!




「オムライスのコピー」
第一部 それってただのネタじゃないか篇
最後は地味~に地味~に終了いたします。

hiragana_68_yo.png ポムの樹に入りたいけど連れあいもなく われ公園でやきそばパン食らふ

キャピキャピのケッチャップのにおいはこんだ風が おっさんの座るブランコ揺らす


これにこりずにまた来てね!

a1.png

08:46 ■オムライスのキャッチコピー1 | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。