10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

【ボウリングのキャッチコピー】<コピーライターの学校>コピーライティングスクール「ながこす」

2013/10/08
コピーライティングスクール「ながこす」
小杉なんぎん・長塚よしひろ


今日のお題は
「ボウリングのコピー」

line14.gif


今回のお題のボウリング
さてボウリングとは何でしょう?
たとえば前回のお題、牛丼はと言えば「早い」「安い」「うまい」と、イメージが確立しています。
だから、わかりやすい商品です。
だから、表現しやすい商品です。
でも、ボウリング……。
なんだか僕のボウリングのイメージはふやけているのです。
ですから、まずライターと言う職業柄、ボウリングの「ウラ」を取る事からはじめました。
<以下、ウィキペディアより要旨抜粋>


■そんなに古い歴史があるのか!
「日本では1861年6月22日(5月15日)に、長崎の大浦居留地に初めてのボウリング場「インターナショナル・ボウリング・サロン」が開設された」
■坂本龍馬?
「龍馬が日本人初のボウリングプレイヤーであるかもしれない」
■いちいち人がピンを立てていた?

「1961年(昭和36年)この頃からボウリングの機械化が進み始める。それまでは、ピンボーイと呼ばれる人が倒れたピンをもとどおりにするという人力に頼ったものだった」
■ヒロイン誕生
「1970年前後にはスター・プレイヤーである須田開代子・中山律子らの出現などがきっかけとなって……」
■メカでブーム?
「1970年の終わりごろ、スコアをボウラーが計算しなくても済む計算機能を持った機械が実用化され始める。この頃から、日本ではボウリングのブームが始まる。当時ボウリング場は全国に3880センターを超えていた」
■1キロ弱ごとにボウリング場?ちょっとあやしい
「当時は数百メートルごとにボウリング場があったほどボウリング・ブームと呼ばれる流行ぶり」
■現在でも人気と言うが、僕には実感がないのだ
当初のブームには至らないものの現在でも安定した人気を得ている」
■コマネチと一緒でよいのか?
「現在もスポーツ人口が増えており、体操と並んで国民に最も馴染みの深いスポーツの1つである」
■フォークダンスと横並びか?
「男女問わず手軽な集団レクリエーション・ゲームとしても浸透しており、」
■どんな性質か更にわからない
「あまり経験の無い人も参加しやすい性質を持つと言える」
そして、
「ボウリングと言う名前の日本漢字表記は……」

「十柱戯」

line14.gif

ああ、ボウリング
君はスポーツなのか?娯楽なのか?
龍馬が初めなら、一緒にプレーしたのはお龍か中岡か?
りーつこさーんりつこさん中山律子さんは今どこに?

ああ、ボウリング、君を総合的にとらえると
1.男女問わず手軽な集団レクリエーション
2.あまり経験の無い人も参加しやすい性質
3.十柱戯
これではボウリングとは「踊り狂ういやらしい宗教」とも思えるではないか!

何なんだ?ボウリング?
わからない
やーめた、やめた、今回はコピー書くの、パス。
ではいけないので


s.png
ボウリングのコピー
s.png

まずは、はずしまくりネタで

hiragana_15_ko.pngは「こっすー」こと小杉なんぎん
hiragana_68_yo.pngは「よっしー」こと長塚よしひろ

line14.gif

hiragana_68_yo.png 犬のうんこがガーターにあるので、まっすぐに投げられるようになりました。
hiragana_68_yo.png 犬のうんこがレーンの真ん中にあるので、カーブが投げられるようになりました。
hiragana_68_yo.png 猫のうんこが増えました。
hiragana_68_yo.png あっ 残念、よけきれませんでした。
hiragana_68_yo.png 更に牛の
もういいって……

hiragana_68_yo.png ボールごろごろ 僕はエログロ
そのままだ……

hiragana_68_yo.png 幹事は20年前からずっと岡田係長

hiragana_68_yo.png なぜ両手で投げてもストライクですか?

hiragana_68_yo.png 自分の金玉を投げるぐらいの根性で投げてみろ

hiragana_68_yo.png 128点で社内のヒーロー

hiragana_68_yo.png おばあちゃんが本気を出した

hiragana_68_yo.png あまりうまいとはずかしい
良子君、実にテクニシャンだねえ

hiragana_68_yo.png これ、人様に背中を見せるんじゃありません!

hiragana_68_yo.png レイコだけがちやほやされるので、
3個の穴にアロンアルファーを入れてやった

絶対まねをしてはいけません!

line14.gif

小杉なんぎん、直球、魔球、エトセトラ!

hiragana_15_ko.png 三人寄ればもう大会
おお、剛速球で攻めてきたな!

hiragana_15_ko.png まぐれでプロに勝てるスポーツはこれしかない

hiragana_15_ko.png 倒したボールが悪いのか、倒れたピンがバカなのか

hiragana_15_ko.png 人生を投げずにボウリングの球を投げよう

hiragana_15_ko.png とにかく中山律子さんに抱かれたかった
そう言えば小杉なんぎん。真剣にそう言っていた。

hiragana_15_ko.png ボウリングをする人に悪い人はいない
このパターン、前回も使ってなかったか?

hiragana_15_ko.png スプリット。ピンとピンが離れている。それを俺は哀愁と名付けた

hiragana_15_ko.png 初デイトがボウリングのカップルは結婚する率が高い

hiragana_15_ko.png ストライクを出すと投球回数が減って損だぞ!

hiragana_15_ko.png ガーターはピンへのさりげない思いやり

hiragana_15_ko.png 穴に入れない人差し指と小指が、ちょっと淋しそうにしている

hiragana_15_ko.png 手作業で1本ずつピンを立て直す職人は、今はもういない

hiragana_15_ko.png ストライクを出した原辰則監督は、それでもやはりグータッチをした

hiragana_15_ko.png それで頭を乾かすな!
腋の下も乾かすな!

line14.gif

「部分から攻めてみようか」
さてさて、なかなか正体をあばきにくい「ボウリング」
一言でボウリングを表現でき、さらにボウリングに行きたくなる、そんなコピーはなかなか難しいものです。
そんな時は、まずテーマを切り刻んでみるのも一つの方法。
例えば
「日本で初めてボウリングをしたのは坂本龍馬らしいよ」
これだけでも、へーっと唸り声が聞こえますし、
「美川憲一、マイボールで登場」
と、意外性を狙ってもいい。
こうやって、大きなテーマのいろんな部分部分をちょん切ってクローズアップさせて、たくさーん作ってみると、いつの間にか全体像がぽっこり浮かび上がる事もあるのです。

なに?
えらそうな事言って、お前らくだらねーコピーばっかりじゃねえか!

へえへえ、そう来ると思いやした。

line14.gif

では、小杉なんぎん・長塚よしひろのプロの16オンス・スローカーブを受けてみろ!

hiragana_68_yo.png パーフェクトゲームの歓声をよそに、10本のピンたちはまた降りてくる

hiragana_15_ko.png 人は誰でも何かを投げて何かを倒したい時がある


とどめにに200オンスであなたのピンを叩き折ってあげましょう。

hiragana_15_ko.png ゴロゴロのカキーンの一日

hiragana_68_yo.png 待っている人も3本指になっている

どうだ!
まいったか!!

※今回は紙面の都合上、コピー一つひとつの解説は省略させていただきました。


次回のお題は
「牛丼リターンズ」
果たして次回はかみさんを牛丼屋に連れ込むことが出来るか?



a9.png


                      

本文を食いそうな名コピーがコメント欄に!

tiekku.gif


08:24 ■ボウリングのキャッチコピー | コメント(7) | トラックバック(0)
コメント
口惜しかったら蹴ってみろ

ってのはどうですかね。
No title
またまた小杉さんから変なメールが来たので・・・

ド直球の3オンス球ぐらいでいくと

倒すか、倒されるか。
〜日本ボウリング協会〜

てなところでがすか。

↓おまけ

ガーターではない、消える魔球と呼んでくれ。

誰だよ、ビール瓶まぜたヤツは!

部長、球の穴を温めておきました!



No title
そういえば
懐かしい中山律子さんの名前が出てますが
このコピー塾、『固有名詞禁止』のルールがあったような?
おおにしさんの、部長、球の穴を温めておきました!が、豊臣秀吉の草履の話のようで、とても面白かったです。
No title
ナガツカさん初めまして。
なんぎさんの○フレのタカダと申します。
あ、○の部分はセが入ります。



拙作ですが投稿させていただきます。

「十柱戯 球の穴にメッタ刺し」

…あ、これは前回のお題でしたね。すいません。


すいません、牛丼では良いのが浮かばなかっただけです。
牛丼エピソードの次の展開を楽しみにしております。
あと、小生にも牛丼で似たようなお話があります↓

それは昔付き合ってた彼女と軽いケンカをした後日、何となく仲直りっぽい雰囲気になって買い物帰りに立ち寄った吉牛でのこと。
ケンカの影響でちょっとご無沙汰やったけど、そろそろエエかな…と思い
「仲良く並とお新香頼んだから、この後はお前をツユダクやな…」と、誘いをかけたら
「サムっ…アンタ今晩もツユヌキや。ひとりでおオシンコいじっとけ」
と、バッサリやられたコトがあります。


あ、最後になりましたが、○フレのセは、セミファイナルとかセミダブルとかのセミの略です。
ええ、びみょーな距離感です。
二等弟子
ツルツルのたま、穴に指挿入、ワックス、ピン、ピン、ピン、で下品なコピー考えますw
No title
熊さん、ピンめがけて玉放りなげるなんて、あんた、オカマだね!

管理者のみに表示