08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

【ビニール傘のキャッチコピー】(おまけ)<コピーライターの学校>コピーライティングスクール「ながこす」

2013/11/18
おまけ

コピーライターの学校
hiragana_15_ko.png小杉なんぎん(コピーとマンガ)
hiragana_68_yo.png長塚よしひろ(コピーと本文)
「ながこす」コピーライティングスクール

005.gif

【ビニール傘のコピー(おまけ)】

005.gif>



hiragana_68_yo.png長塚よしひろの「純愛小説その2」

【しとどに濡れた愛】
(いぬ夫とかさ子の愛の劇場)

いぬ夫「ただいまー」

かさ子「あら、いぬ夫さんったらびしょ濡れじゃない」

いぬ夫「うん、駅におりた途端、急に雨が降り出してね」

かさ子「早く乾かさないと風邪ひいちゃいますよ」

いぬ夫「わかった」
ぶるぶる

かさ子「いやだあ、いぬ夫さんったら私にかかっちゃったじゃないの」
くるくる

いぬ夫「うわー冷たい」
ぶるぶる

かさ子「いぬ夫さんてば、もっと濡らしてあげるわよ」
くるくる

いぬ夫「かさ子ちゃん」
ぶるぶる

かさ子「いぬ夫さんーー」
くるくる

結婚生活十余年。
いまだ子宝には恵まれぬが、周囲もうらやむ仲むつまじい、いぬ夫とかさ子であった。
(この話、続く)





hiragana_15_ko.png続いては、小杉なんぎんのオマケをお楽しみください。


20131114-2.jpg

20131114-3-1.jpg




もういいと言われても
hiragana_68_yo.png長塚よしひろの「純愛小説その3」

【かさ子の初夜は開き続ける】
(いぬ夫とかさ子の愛の劇場)

いぬ夫「こっ このへんかい?」

かさ子「ううん、もうちょっと下」

いぬ夫「ここかい?」

かさ子「あっ そこそこ」

いぬ夫「ぎゅっ」

かさ子「がばっ」

かさ子全開!!!

それは十余年前の初夜の夜
いぬ夫は感動のあまり泣いていた。
真面目ないぬ夫とて、所詮、男
商売女の一人や二人の経験はある。
しかし、そんな女たちにはなかった、かさ子の敏感なボタン

いぬ夫「もういっかい押すよ、かさ子」

かさ子「あんまり強く押さないでね、きゃっ がばっ

いぬ夫「もう一回、ぎゅっ」

かさ子「がばっ あんあん、わたしこわれちゃう。」

「ぎゅっ」
「がばっ」
「ぎゅっ」
「がばっ」

かくして、いぬ夫とかさ子の初夜はとどまることなく開き続けるのであった。


005.gif

ああ、何が何だかわからない「ビニール傘」のコピー

次回は「ゆでたまご」のコピーです。
コメント、投稿、お待ちしております。

005.gif
09:27 ■ビニール傘のキャッチコピーその3 | コメント(2) | トラックバック(0)
コメント
No title
4コマは味があって私は好きですが、
「コピーライターの学校」って、
そのまんま銘打つ感覚が、理解できませんわ。

シャレでやる分には成立しているだけに
もったいない、と個人的に思います。

シャレでやっているなら、初見で
そうと分かる工夫をするべきとちゃいますか?
タイトルやらページの構成やら。

本気で「コピーの学校」を
掲げてるんやとしたら、
とんだ恥知らず、ボンクラもええとこですよ。

なんか反論あるんやったら言うてみ?
おふたりさんよ
No title
ついでにもう一言、言いい捨てさせてもらうわ。

お前らのこのWEBサイトは、
エクスキューズにまみれとる。

こんな事やるなら、今は廃れたmixiでやれ。
流行りのフェイスブックでやれ。
携帯電話でちまちまと呟け。

少なくとも仕事や趣味やらで公に発する表現に
関わった人間が、
こんな恥ずかしいものを世に発信するなよ。

世の中の阿呆、勘違い、メクラどもが
手軽に発信者になれる時代だぜ?

心得のある人間が、
こんなページ発信しててどうするんだって話よ。

やるんなら、「ちゃんとやれ」。

こんな事言われるんが嫌なら
もっと閉じた場でやってろや。

「ちゃんとやれ」の意味が分からないなら、
貴様らは今も昔も、3流どころか、
使い捨ての5流ゴミ野郎共ってこった。

管理者のみに表示