04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

ダメージジーンズのキャッチコピーその1

2013/11/29
コピーライターの学校
hiragana_15_ko.png小杉なんぎん(コピーとマンガ)
hiragana_68_yo.png長塚よしひろ(コピーと本文)
「ながこす」コピーライティングスクール


line106.png

【ダメージジーンズをこよなく愛す篇】

line106.png



「田舎に帰った翌朝、枕元を見ると私のダメージジーンズがきれいに縫い合わされていました。
きっとおばあちゃんです。」

この逸話が大好きで、何度読んでも何だか心がほっこりしてきます。

さて、今日も今日とて小杉なんぎんと長塚よしひろ、↑を上回る心温まるダメージジーンズのキャッチコピーが出来上がったでしょうか?


hiragana_15_ko.png 傷だらけの天真爛漫
まさに小杉なんぎんそのもの!朝っぱらから携帯をマイク代わりに歌い出す人は君しかいない!


hiragana_68_yo.png ジョン・レノンは天国でどんなジーンズを穿いているんだろう?
ぜんぜん、ダメージジーンズのコピーじゃないけれど、うーん?どうだろうと真剣に悩んでしまう疑問ではあります。


hiragana_15_ko.png 心の傷は見せたくない

銭湯の隅でひっそりと身体を洗う一人の男。
「ああ、これがシャバの湯か……。親分はとっくに亡くなっちまったし、組も解散。オレは明日からどうすりゃいいんだ?」
さめざめと涙は湯に流れていく。
「そうだ!もうヤクザは辞めよう。そして、まず、今の社会になじむことだ!!」
立ち上がる男
伏せ目がちな風呂の客

そして、翌日
「おい、このそこの店員、オレの背中に似合うようなジーパン、見繕ってくれや!ほらよっ がばっ」
男の背中には龍のモンモン。
そしてそこに刻まれた幾多のドスの跡
驚くは龍の片目上から、ざっくりと斜めに流れた深い傷跡
そう、彼こそは刺されても刺されても息絶えることのなかった伝説の「独眼龍の銀二」

「こっ、これなんか、どうでしょう?」
「おめー、オレの背中はこんなにチンケか?」
「じゃ、あの、その、これぐらいボロボロだったらどうで、しょうか?」
「ばかやろー、これじゃ、オレの心の傷まで見えちまうじゃねえか!もっと、オレの心と背中に似合うジーパン出しやがれーーーー」
遂に逃げまどう店員、遠くからぴーぽーぱーぽー
※これが万が一、ダメージジーンズのテレビコマーシャルになったらどうしましょう……。



hiragana_68_yo.png 還暦祝い用「レッド」売れてます!
まあ、今どきの60歳だったら、ありだよなあ


hiragana_15_ko.png 誰もダメージを受けない
ダメージを受けているのは本人だけか?


hiragana_68_yo.png その工場には、作る人がいて、やぶく人がいる
やぶいたところをまた縫い直す人もいれば、ペンキをぶちかます人もいれば……


hiragana_15_ko.png 僕のジーンズを見て、彼女はカッコ良く笑った
もちろん彼女はリーバイス501だろうな


hiragana_15_ko.png 今でも君は若かった
何だかグループサウンズの歌詞のようなキャッチでありました。


hiragana_68_yo.png かっこ悪いってなんてかっこいいんだろう
「からっぽの世界」の早川義男さんの名キャッチをちょいとお借りしました。 
でも、知ってる人って、いるんだろうか……



hiragana_15_ko.png ボロは着てても心は錦市場で極上のマグロを買っている
そのボロの上に刺身を乗せて食べる変態もいるだろうね!

さて、次回はダメージジーンズをもう少し愛してやってほしい篇
お楽しみに!!

14:45 ■ダメージジーンズのキャッチコピー1 | コメント(1) | トラックバック(0)
コメント
ダメージジーンズ
僕のジーンズを見て、彼女はカッコ良く笑った、が気にいりました。私もぜひカッコ良く笑いたいと思いました。

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。